『秋葉原コワーキングスペース|1/3 Life ワンサードライフ』は、JR「秋葉原」駅から徒歩5分!東京メトロ銀座線:「末広町駅」JR「御徒町駅」からも徒歩5分、東京メトロ千代田線 「湯島駅」 徒歩10分と立地もいいので、都心へダイレクトアクセスできるのが魅力です。そこで気になるのが物件周辺の街並みやどんな暮らしができるのかですよね。今回は実際にコワーキングスペース周辺を歩いてみた様子をレポートします!コワーキングスペースでの作業もいいですが、時には街に出て散策してみましょう!

 

1/3rd Life(ワンサードライフ)を出て街へ

はじめに拠点から駅まで歩いてみましょう。道のりは概ね3通りあります。ほぼ同じ徒歩分数なので気分や用途に合わせて選べます。まずは賑やかな秋葉原電気街の通りから紹介します物件前の小道を少し南下し、交差点で左折。あとはまっすぐ駅へ歩いていくだけです。交差点近くにはアニメ・ホビー館「駿河屋」があります。その他にもアニメイト秋葉原本館を代表するアニメ・漫画好き必見のアニメ・ホビーショップが多くみられます。仕事後の至福のひとときに趣味に没頭してみるのもいいかも知れませんね。

少し進むと「ドン・キホーテ」秋葉原店やビックカメラAKIBA

が見えてきます。コワーキングスペースでの仕事帰りに日用品や事務用品などを買いに行くことができそうですね。

ワンサードライフから出て左に「アキバ田代通り」をまっすぐ進むと秋葉原駅に着くことができます。これが最短ルートだと思います。こここの通りは、秋葉原の電気街の裏側にあるためか飲食店を多く見かけます。ここで、ワンサードライフ店長の若松店長への取材によると数あるワンサードライフ周辺のグルメの中でもアキバ田代通り商店街にある「 スンドゥブ専門店 中山豆腐店 秋葉原」さんのスンドゥブがオススメだそうです。オススメということで取材終わりに行ってきました。もちろん、使用されている豆腐がスンドゥブによくマッチしていてご飯が進んでしまいました。おかわりが自由ということで食べ盛りの僕でもお腹いっぱい食べることができてリピート間違いなしです。。

3つ目は人通りが少ない道を歩くルートです。拠点をでて電気商店街とは逆に進むルートです。そして、そのままガード下を抜け、秋葉原駅に向かいます。ガード下を抜けたり、ビルと線路の間を縫っていくようなルートなのでたまには気分転換に良いかもしれません。こちら東側は日本最大級のヨドバシカメラがあり、なんでも揃ってしまいます。さすが電化製品の街秋葉原ですね。ちなみに秋葉原駅東側は小道に入るとディープなお店が多々あるので皆さんも是非探してみてください!

オシャレ飲食店

物件周辺にはオシャレな飲食店さんがいっぱい

物件周辺を歩いていると、社長の坪田が贔屓にしているフレンチレストラン「kufuku±暮富食」を発見!実はこのお店は古民家を改修しており、いたるところがレトロモダンなデザインになっています。和食とフレンチを組み合わせたいわゆる和フレンチの料理を提供しています。リーズナブルな金額のコースにもかかわらず地方の食材を使った侘び寂びがあるような盛り付けで、かつ洗練された味でした。プロジェクト成功を祝いに仲間やチームで打ち上げをするのも良いかもしれませんね。

ワンサードライフ周辺おすすめカフェ

 

VAULTCOFFEE

・ワンサードライフから徒歩5分のところにあるVAUTCOFFEEはスペシャルティコーヒーをはじめとした、高品質なコーヒー豆を使用しています。コーヒーの抽出を待つ時間、その時間も珈琲の美味しさを引き立てるものと信じ、一杯一杯丁寧に抽出しています。また、コーヒー以外の飲み物やフードも充実しており、コワーキングスペースを一時抜けてリラックスする為に使われても良いかもしれないですね!

 

②ウサギカフェ moff-rell(もふれる)

・ワンサードライフから徒歩3分のところにあるウサギカフェ moff-rell(もふれる)は、フリードリンク+ウサギさんのおやつ付きで30分コース1200円から楽しむことができます。店員さんによる説明の後、免責事項に署名します。その後、モフモフエリアに入ることができます。総勢12匹の様々な品種のウサギさんたちが出迎えてくれますので、おやつをあげてください♪ウサギさんを撫でたり、写真を撮ったりして、たくさん遊んでください♪仕事でうまくいかなかった日や気分が落ち込んでいる日に癒されに行っても良いかもしれませんね!