はじめに

ここ最近Vlogへの注目度は高まっています。「Vlog」と聞いたり、YouTubeなどで視聴する事が増えてきたりしているのではないでしょうか。
今回はよく耳にするけど、V logについてよくわからない人、V logを観たりするけどいまいちV logについてよく分からない!という人のためにVlogについて、そもそも“Vlog“って何?だったり、どんな種類があるの?といった基本的なところを紹介できればと思います。
ちなみに「V log」という言葉は
実は言葉としては決して新しいものではなく、以前から海外でよく知られています。
海外でもVlogを作り発信する人 は「Vlogger」と呼ばれていて、再生回数が数万回、数十万回に上る人気Vloggerも少なくありません。

近年日本でも急速に注目を集めています。

PR TIMESで公開しているDJI JAPAN 株式会社の「【Vlogに関する意識調査】10代の約半数が知っている「Vlog」とは?」の結果によると、Vlogの認知率は10代で50%を超えています。
また「Vlog」に関する認知度は全体では31%。 年代別で見てみると、 10代での認知度は約半数の49%、 20代で32%、 30代では31%、 40代では10%と年代によって顕著な差が生まれました。

日本ではまだ多くの世代に浸透していないVlogですが、海外では人気があり、有名なVloggerもたくさん。ちなみに英語圏ではVloggerのことを「ブロガー」と呼ぶそうです。

V logって何?

「Vlog(ブイログ)」とは、「Video(ビデオ)」と「Blog(ブログ)」を組み合わせた造語です。

文章で日常の記録や所感を書いてネット上で発信するのがブログであるのに対し、それらを短い映像(動画)で発信するのがVlog。日常の様子を動画で発信するブログです。抗議な意味で「V log」を捉えると、Instagramのストーリー機能もある種のV logかもしれません。
Vlogが投稿されているのは、主にYouTubeやInstagramです。

現在は、主にYouTubeというプラットフォームの一種のジャンルとして認識されることが多いですが、広義的な意味で言えば、Web上にアップされ、時系列に沿って記録されたものは全てVlogであると言えます。

V logの種類は大きく分けて4種類!

Vlogにはどのような種類がありますか

自分が伝えたいことや残したいことを動画に残すことがVlogとされていますが、ジャンルは非常に多岐にわたりますが、整 大別すると下のようなジャンルに区切られています。

旅行、チャレンジ

旅の行程や、その土地の情景など、その瞬間にしか出あえない旅の思い出を残す。

 

ライフスタイル(ルーティング動画など)

料理や家事、食事をしている様子など、穏やかで幸せなひとときを残す。

子育て

子供やペットの成長を記録して、大事な思い出として残す。

シネマスティック

デイリーからレビューまで、ボケ表現を活かし被写体を引き立たせ、自分好みのルックやライティングでより印象的に表現する。

V logのこれから

今後のイノベーションによって撮影機材や、撮影方法、編集環境、SNSなどのプラットフォーム環境などが進化し、DX化(デジタルトランスフォーメーション)によって今では難しいとされる事が可能になると同時に、より簡単に誰でもそれらを出来るような時代に突入していきます。Instagram(インスタグラム)を代表するようにSNSの分野でも動画が台頭し始めていることから見ても今後あらゆる発信源が動画に置き換わっていくのは明白です。ですので、動画がより身近になり残したい映像や思い出を、届けたい人にすぐに見せ、共有できる環境が整ってくるのだと思います。そして、V logという形がより広範囲において浸透して、SNSを超えてより多くの世代に自己表現や自己発信といったアイデンティティ形成手段となって行くのだと思います。