コワーキングスペースとは?

「コワーキングスペース」とはビジネスマンが共同で利用できる、オープンなワークスペースです。ここではコワーキングスペースを初めて利用する方向けにコワーキングスペースの概要と他のワークスペースとの違い、そして利用の仕方について紹介していきたいと思います。

新型コロナウイルスの影響などに働き方が多様化された事により、オフィス以外の場所で働く人が増えています。そのなかには、「コワーキングスペース」を活用する人もいます。コワーキングスペースとはどのような場所でしょうか? また、コワーキングスペースとは、どんな歴史があるのでしょうか?その他シェアオフィスとはどのような点が違うのでしょうか?コワーキングスペースについて知っておきたい基礎知識をわかりやすくご紹介したいと思います!

コワーキングスペースの歴史

コワーキング(Coworking)スペースとは、作業スペースや会議室、打ち合わせスペースなどを個人や複数の会社で共用し、それぞれ独立して作業を行う場所のことを指します。

コワーキングスペースは2006年にアメリカのシリコンバレーで生まれました。アメリカのニューヨークなどを中心に広がりを見せ、その後ヨーロッパにコワーキングスペースのコンセプトが徐々に広がりました。日本では2010年あたりから見られるようになりました。日本での発展はICT(情報通信技術)が発展し、会社の仕事をオフィスに行かなくても仕事ができる「テレワーク」や「リモートワーク」というその当時では新しいワークスタイルが生まれたことがきっかけであるといわれています。

また、現在は新型コロナウイルスの感染対策で、「テレワーク」や「リモートワーク」を推進する企業も増え、コワーキング利用の拡大が続いています。

テレワークやリモートワークは、通勤による時間的ロスを防げるため、業務の効率化が期待できます。そのため、テレワークやリモートワークは新型コロナウイルス収束後も増加していくことが予想されます。「コワーキングスペース」の利用は近年増加傾向にあり、今後もその広がりは続いていくことでしょう。現在ではフリーランスやスタートアップの起業家がメインユーザーとなっていますが、「テレワーク」や「リモートワーク」を推進する結果、オフィス需要がなくなった企業の会社員のワークスペースとして利用されることが多くなっていくことが予測されます。

フリーランスにおいては自宅をオフィスとして利用する場合が多いです。しかし、生活空間で仕事をするため集中力の維持が大変です。また、自力でWi-Fi環境やコピー・FAXといった複合機、作業に適したデスクや椅子などのハード面を充実させるには多くの経費がかかってしまい限界があります。

手軽にオフィス空間にて作業できる点がコワーキングスペースが多くのビジネスマンに受け入れられている理由です。

コワーキングスペースとその他のサービスとの違い

コワーキングスペースとは、個人や複数の企業が共用するワークスペースのことを示します。またスペースだけでなく、通信環境やOA機器など、仕事に必要なハード面での設備が整っています。また、オープンスペースとなっていて、利用者同士の交流が生まれやすいです。

コワーキングスペースの利用システムは、月間利用型の「定額制」と、使用した時間に応じて利用料が発生する加算型の「ドロップイン」の、主に2種類になっています。ドロップインは、利用回数が少ない人におすすめのスタイルです。

シェアオフィスとは?

コワーキングスペースと同様、個人や複数の企業が共用するワークスペースのことを指します。仕事に必要な設備も整っています。実際のところ「コワーキングスペース」「シェアオフィス」については明確な定義はなく、運営会社によりとらえ方は異なります。ただし、コワーキングスペースはオープンスペースであるのが普通ですが、シェアオフィスにはオープンスペースも個室もあります。イメージとしては、コワーキングスペースの方がオープンで利用者同士の交流が多く、活発な印象があります。また、シェアオフィスのオープンスペース部分を「コワーキングスペース」と言うこともできるでしょう。

レンタルオフィスとは?

個人や企業が賃借して利用するオフィスのことです。通常個室で、仕事をするために必要な設備も整っています。例えば、雑居ビルの1フロアに複数社が間借りしてオフィスを構えるといったケースがレンタルオフィスに当たります。

最近ではシェアオフィスの個室をレンタルオフィスとして活用するケースも増えています。

サテライトオフィスとは?

企業が本社とは離れた場所に設置するオフィスのことを指します。支店ほど規模は大きくないものの、ある程度の範囲で事業を展開できる性質のオフィスで、企業に属さないフリーランスなどが利用するものではありません。

企業によっては、シェアオフィスの個室やレンタルオフィスをサテライトオフィスとして活用しているケースもあります。

コワーキングスペースの利用手順

それでは、実際にコワーキングスペースを利用する場合の一般的な手順を紹介します。

使用した時間に応じて利用料が発生する加算型の「ドロップイン」の場合
1.付近のコワーキングスペースを検索
駅周辺にコワーキングスペースは多く立地しています。コワーキングスペースのポータルサイトを活用したり、Google MAPで検索しながら気になるコワーキングスペースを探してみましょう。

2.会員登録をしよう
コワーキングスペースにもよりますが、たとえ一時利用であっても会員登録をする必要があります。
大手のコワーキングスペースの拠点だとアプリやweb上にて事前に登録する必要があるので登録を済ませましょう。また、会員登録をすると無料のサービスタイムがもらえたり、さまざまなクーポンがもらえることがあるので是非試してみてください。

月間利用型「定額制」の利用の場合

1.内覧の予約
気になるコワーキングスペースが見つかったら、Webや電話で内覧の申し込みを行いましょう。コワーキングスペースの利用状況や利用者層を把握するため、実際に自分が利用する時間帯に予約するのがおすすめです。

2.内覧に行く
内覧に行きます。最寄り駅からの距離感やコワーキングスペースの雰囲気など、サイトではわからないところを重点的にチェックしましょう。可能であればドロップインで試しに利用し、実際の使い勝手を確認します。

3.利用申し込み
気に入ったら、利用申し込みをします。スタッフの説明に従って手続きを行います。

4.利用審査
月額利用の場合は、コワーキングスペースの運営会社による利用審査が行われるのが一般的です。各コワーキングスペースによって方針は異なりますが、必要書類や面談によって審査する場合が多いようです。

5. 契約
利用審査に通ったら、利用料金や入会金、保証金や事務手数料などを支払い、契約完了です。